企業活動ACTIVITY

【企業活動方針】
日本と世界を繋ぎ、人々を幸せに

ファーストトレードは「日本と世界をつなぐ世界一のグローバル企業になる」をビジョンに掲げ、これまで解決できなかったような多くの課題に果敢に挑み、社会全体に貢献する企業であり続けたいと考えております。

2012年には日本企業初となる、クラウド型の中国輸入代行システム「FastTrade代行システム」現、「CiLEL」をリリースし、このツールを用いることで多くのEC事業者様がさまざまな分野で活躍しています。人工知能、翻訳技術の発展をいち早く取り入れ続けることで、今後はさらに利便性を向上していき、EC事業者様のビジネスのフィールドがより豊かで洗練されたものになるように努力を続けていきます。

また、ファーストトレードは発展途上国の教育問題、低賃金労働問題に対して高い関心を持っております。発展途上国においての事業活動と寄付活動を通して、世界的視野で社会の課題を解決していきます。

私たちはEC市場において企業成長と業界健全性の向上を合わせて追求し、技術革新を推進しながら、世界中の人々が豊かに暮らせる社会を実現するため、新しいサービスやプラットフォームを提供していきたいと考えています。今後も「ファーストトレードCSR基本方針」である「健全なEC市場」「適切な個人輸入手続き」「女性の活躍」「発展途上国支援」というテーマの下、事業を通じて社会課題の解決に取り組んでまいります。

ファーストトレード株式会社 代表取締役 三上良平



“健全なEC市場と適切な個人輸入手続き”



ファーストトレード株式会社では、EC市場全体の健全化と個人輸入手続きの適正化を目指し、お客様、ステークホルダーの皆さまとの協力を大切に、当社らしい社会的価値創造を進めていきます。



“女性の活躍”

ファーストトレード株式会社は、女性が活躍できる環境整備、そして積極的な登用を行ってきました。結果として、社内の女性比率は、2017年度3月末日時点で約73%となり、多くの女性社員が活躍しています。しかしながら、弊社がさらに発展していくためには、これまで以上に女性が活躍の領域を広げ、力を発揮できるようにしていくことが必要です。加えて、女性の視点を積極的に事業運営に活かすことが、新たな企業価値を生み出すことにもつながると考えています。
そのため、経営の明確な意志として、「女性の活躍推進」を目標に掲げ、具体的な施策に取り組んでいます。これを女性固有の課題としてとらえるのではなく、男性の課題にも目を向け、全員で意識や働き方を変えていきます。また、福井県が認定する「ふくい女性活躍推進企業」の1社としての役割を果たしていきたいと考えています。

https://joseikatuyaku.pref.fukui.lg.jp/companies/1995/



“発展途上国支援”

今、世界の新興国・途上国では、貧困・エネルギー・教育・食料・医療・健康などにかかわる、様々な社会課題を抱えています。私たちは、本業を通じてこれらの地域の発展に尽くすことを使命とし、その課題解決のために、積極的に取り組んでおります。
弊社は、バングラディシュに拠点を構え事業活動を行うことにより多くの雇用を生み出して参りました。
また、教育問題の解消の一助となるよう、学校訪問を行って、教育水準の向上に努めております。



ページのトップへ戻る