営業本部 CiLEL事業
代行課 課長代理
李 恒寰2012年入社

貿易業務を通じて、お客様の成功をサポートする。
私たちが手がけるのは、とても意義のあるビジネス。

入社経緯
出身は中国の黒竜江省。祖母が日本人で、中国の高校を卒業後に日本に留学し、祖母の地元である福井の大学で建築を専攻。大学卒業後はそのまま福井の建設会社に就職したが、もっと大きな舞台で、中国と日本の架け橋になるような貿易の仕事がしたいと、当時はまだ数名だったファーストトレードに転職。入社の決め手は、社長がしっかりとしたビジョンを持っていて10年後が大いに期待できそうだと感じたから。
現在の仕事
お客様の夢をかなえるための力になれる。
それがこの仕事の大きなやりがい。

海外から商品を調達してネット販売する事業者に、輸入代行サービスを提供しています。お客様の中には、サラリーマンとして勤めながら副業でビジネスを手がけている方もたくさんいらっしゃいます。そうしたお客様と応対していると、「ぜひこのビジネスを成功させて家族みんなを幸せにしたい」とか、お客様の秘めた想いを語っていただけることもあり、そんな時はこちらも胸が熱くなりますし、やる気がいっそう湧いてきます。そして、サポートしているお客様が順調に事業を伸ばし、「もうすぐ夢が実現しそうです」などと感謝の言葉をいただけると、私も本当にうれしい。こうしてお客様と寄り添って、お客様の成功の力になれることが、この仕事の何よりのやりがいです。

目指していること
いまは部署を率いるマネージャー。
今後は新しい海外ビジネスにも挑戦したい。

こうしてさまざまな経験を積み、現在は輸入代行サービスを手がけるCiLEL事業の代行課のマネージャーを任されています。お客様との応対に加えて、社歴の浅いメンバーたちの指導教育も重要な仕事。これまでマニュアル通りの応対しかできなかったメンバーが、お客様からのご要望に対して自分で考え、お客様のためにこうしたいという提案が寄せられた時などは、マネージャーとして大いにテンションが上がる瞬間です。これからこのチームをもっとレベルアップさせて、お客様の満足度をさらに向上させていきたい。そしてゆくゆくは、もともとの私の夢だった中国と日本をつなぐビジネスをやってみたい。現在は中国から商品を輸入する貿易が主ですが、逆に日本の商品を中国に輸出して販売する事業なども大いにビジネスチャンスがある。この会社なら、自分のやりたいことにいくらでもチャレンジできそうです。

1日のスケジュール

8:30

出社

オフィス内の掃除

9:00

朝礼

グループ内で業務における改善点などを発表。

9:30

連絡対応

お客様対応。メールや電話で注文の確認などを行う。

12:00

昼食休憩

13:00

お客様との対応

来社されたお客様と面談し、
今後の事業拡大についてアドバイス。

15:00

企画立案

お客様向けに開催するイベントを企画立案。

17:30

終礼

伝達事項をメンバーに伝え、情報を共有。

19:00

退社

ページのトップへ戻る